読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不眠の改善方法〜眠れない辛さをどうしたら良いの?〜

このブログは不眠で悩んだ私がどうやって改善したか、眠れない、不眠で悩んでいる方に向けて、簡単にできる解決策をおすすめするブログです。

快眠できる睡眠環境【部屋の温度】

より良い睡眠を手に入れるためにはストレスの軽減や、

冷え性などの体質改善などの根本的な部分も大切ですが、

寝る部屋の環境、つまり睡眠環境を整えることもとっても大切です。

 

寝室などは普段、寝るためだけの場所として

軽く見られる傾向がありますがまずはここから見直してみることです。

 

夏の室温〜冷房を効かせ過ぎないことが大切〜

夏の暑さと湿ってネットリした空気は

私たちの睡眠を毎日妨害してきますね。

 

地域によるかもしれませんがエアコンなどの

冷房はかなり多くの家庭で利用されています。

 

この快適なエアコン、使い方次第では

快適な睡眠を脅かすやっかいなものとなってしまうのです。

 

・快眠を得るために最適なエアコンの温度

スポンサーリンク

 

・夏の設定温度は25〜28℃

「そんな温度じゃエアコンを使う意味がないじゃん!」

という言葉が聞こえてきそうですが…。

 

もともと私たち人間の身体は寝るときに、

体温が下がっているのものです。

 

血液を身体の外側の方へ回して体温を放熱し、

脳の温度を下げることで眠気を感じるわけです。

 

しかし、日々のストレスで体温の調節がうまく行かない

多くの大人の身体は、室温が涼しすぎると余計に寝付けなくなるのです。

 

エアコンの温度は25〜28℃で設定して

ほどよい涼しさを保つと良いでしょう。

 

あと、これはもう一つポイントなのですが、

日中暑くて暑くて、

「これは今夜は寝苦しそうだ…」

と感じたならすぐさまカーテンを閉めるとよいでしょう。

 

また簾などでも良いのでとにかく部屋に差し込む日光を

早めにシャットアウトすることが大切です。

 

こうすることで、室内の空気が暑くなりすぎるのを防ぐ効果と、

置いてある家具などが温まってそこから発せられる熱を抑えることにもつながります。

 

・冬の設定温度は20℃弱で

冬の場合も室温を温めすぎることで、

夏と同様に体温調整が上手に行えなくなってしまうことから、

20℃前後、20℃より少し低いくらいの設定が良いです。

 

また、冬に気をつけなければならないもう一点は、

室温だけでなく部屋の乾燥にも気を配らなければなりません。

 

快適な睡眠ができる湿度は大体50%程度と言われています。

 

加湿器を置くことができれば手っ取り早いのですが、

その他の方法として洗濯物を干すだけでも違ってきます。

 

夜間睡眠中の乾燥が気になるのであれば、

寝る前に洗濯をしてそれを部屋に干しておくことで

部屋の乾燥を防ぐという方法もある。

 

まとめ

「過ぎたるは及ばざるが如し」

という言葉がありますが、室温に関しても

夏は涼しくしすぎない・冬は温めすぎないことが、

結果快眠を手にいれるということになります。

 

ちなみに布団で寝ている方は冷暖房を入れた状態で、

寝る2時間前くらいから布団を敷いておいた方が良いです。

 

これは布団と部屋の温度を同じくらいにすることで、

スムーズに睡眠に入っていける環境を作るためです。

 

エアコンや暖房を使っている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク